ジンワン パソコンの製造販売 修理 サポート 愛知県豊橋市 ブログ

『コンピュータを無駄なく使おう』をモットーに、私たちジンワンはショップブランドパソコンをお求めやすい価格で製造販売しています。法人向けパソコンを始め個人のパソコンでもお客様のニーズに合わせ作成させて頂いております。パソコンの初期設定や会社設立したけど、パソコンの導入やネットワークの構築に不安を持たれているお客様のお力に成れたら幸いです。

Windows10の最新バージョン2004でメモ帳をアンインストールしてしまった。

Windowsの標準アプリのメモ帳をアンインストールと思われるかもしれませんが、最新のリビジョン2004では標準アプリメモ帳やペイントなどもアンインストール出来るように変更されてます。

 

自分もお客様から連絡頂いた時は、メモ帳のショートカットを謝って消してしまっただけだと思い、c:\Windows\sytem32フォルダにnotepad.exeが有るのでそれを右クリックしてショートカットを作成して下さいと伝えました。

 

回答は、notepad.exeは無い。

 

昨日までは普通にメモ帳が使えてたとの事でした。

 

そこでインターネット上で調べましたら、スタートメニューのプログラムアイコンを右クリックするとアンインストール可能に2004は成っているとの事でした。

 

※ スタートメニュー→PC設定(設定)→アプリ→アプリと機能のオプション機能→機能の追加でメモ帳を選びインストールで復活すると思います。

 

そう伝えましたら、無事に復活する事が出来ました。

 

プログラムのアイコンを右クリックして管理者権限で実行とかを選択しようとしたら間違ってアンインストールしてしまわないように注意が必要に成りました。

 

間違ってアンインストールした場合は※の所で復活させて下さい。

 

ノートPC2台設置とHDDからSSD載せ替え作業

 

 パナソニックCF-B11は嫌だと言うお客様からの注文で、富士通のA574/Hを2台注文が有りましたので設置に行ってきました。

 

テンキー付きが希望だったので、富士通東芝に多分成りますと伝えて富士通を選ばれました。

 

古いWindows7のPCのデーターをバックアップして新しいPCにデータを移動させている間にクローン作業を進めました。

 

Windows7のPCですが、メモリが2GBしか入って無くて、データーのバックアップも時間が掛かりました。

 

 SSDSanDiskの500GBで行いました。

 

EaseUS todo Backupを利用してクローン作業を行い、元の容量が250GBのHDDだったため、EaseUS Partition Master Freeをダウンロードして500GBを一つの領域にして作業を完了しました。

 

もう2台ノートPCが有るんだけどと言われ、SSDの500GBを仕入れて持ち帰ってクローンして来ますと2台のノートPCを持ち帰ってきました。

 

数年前のノートPCだったので後ろからHDDの交換が出来るタイプでしたので一安心です。

大雨の中納品

 

 本日は大雨の中、豊清町までPCの納品とデーター移動して来ました。

 

古いPCからデーターをバックアップして、パナソニック CF-B11にデータを移してネットワークプリンタの接続をしてきました。

 

起動、メールやインターネットのスピードが改善されて喜んで居られました。

 

別件で、HDD500GBの空き容量が5GBを切っているPCが有り、1TBのSSDに載せ替える仕事を頂いてきました。

 

 

 会社に戻り、こちらを注文して商品が手元に入ったらクローンして載せ替えを実行します。

 

現状のHDD500GBがパンパンなので、多分2時間以上は掛かるとは思いますが、PCを買い換えるよりも経理のソフトや入札等の設定を崩したくないので話し合い、クローンする形を選びました。

 

何とか上手くいってくれると良いのですが。

 

本日の仕事

本日は朝は曇ってましたが、作業を終えて戻ってきましたら雨が降ってました。

 

作業内容は、お客様のデスクトップPC5台のHDDをSSDにクローンして載せ替える作業でした。

 

2.5インチのSSDの500GBを5台用意して2.5インチ3.5インチ変換真ウンターを5個持って行きました。

 

クローンに用いたソフトは、EaseUS Todo Backup Freeを利用しました。

 

お客様からは全てデスクトップPCは500GBのHDDが付いているとの事でしたが、2台は250GBのHDDでした。

 

2.5インチのSSDをUSBの外付けドライブに出来る機械が4台して弊社に無くて4台クローンを始めて早く終わったPCからUDB接続の外付けドライブに変更出来る機械を移動してクローンを始める形を採りました。

 

無事に5台ともクローンを終えました。

 

但し、2台が250GBのままクローンされて居るので、EaseUS Partition Master Freeと言うソフトでパーティションを250GBから500GBに切り直して出来上がりました。

 

お客様も、起動のスピードとネットのモッサリ感が無くなって喜んで居られました。

 

無事に上手くいって良かったです。

今、自分の会社でバカ売れの商品

 

自分が見つけて、この商品は値段とバランスが良いのではと思い一台会社のデモ機として購入しました。

 

LET'NOTEは当時から壊れにくいけど値段が高いイメージが有り新品で購入するに20万以上はするので敬遠して居りました。

 

実際の所、ノートPCのカメラ機能はスカイプやzoomミーティングなどを使わない限り内側にカメラが向いている為使いません。

 

必要になればUSB接続のカメラとマイクのセットのものを買えば済むので要らない場合が多いです。

 

販売した方法は、LINEでPCの起動動画をお客様や知り合いに流しただけです。

 

たかが15秒の動画(電源入れてからPCが起動するまでの時間)なのですが、反響が大きくて、cpuは第三世代Core i5-3320M 2.6GHzだし、Office2019が付属してメモリ16GBやSSD480GBが新品で3万円以下と言う本体の値段はタダ同然の 設定に何人も購入されました。

 

通常、新品のノートPCを買われて4万円以下で購入するとOFFICEは付いてないわメモリは4GBだわ、遅くて何とかwindows10が動く程度のものが多いです。

 

HDDからSSDに替わる事で、持ち運びの振動にも強くなりますし良いことだらけです。

 

購入したものはwindows10のリビジョンが1903が多いので、弊社で少し手間賃を貰って最新版のリビジョン2004にしてwindowsアップデートを終わらせた状態で販売しております。

 

ある会社では、社長さん用にこのPCをお届けしましたら、従業員の方も欲しいのでもう一台持ってきて欲しいと言われました。

 

自分からしてもかなりお勧めの商品です。

 

SSDの値段も一時の半値位に値段が下がった事もあり、これは良い商品ではと思います。

 

他にPCをお持ちで無く1台で使う方はSSDの1TBにすると言う選択肢も有りますが他にメインマシンが有る2台目以降の方なら480GBのSSDで十分です。

 

最近のノートPCは、バッテリーも取り外しできないしメモリーもメイン基板に溶接して有ったりHDDも簡単に取り外し取り替えが出来なくなって来てます。

 

修理がし易く部品の取り替えが容易な一世代前のSSD仕様のPCも選択肢の一つにしてみては如何でしょうか。

代車で出勤

先週の土曜日の朝、会社の社用車アルトワークスで出勤したのですが何となく調子が可笑しい。

 

オートマでは無くマニュアルの車なのですが、発進の時は問題ないのですが1速から2速にギアを上げようとしてクラッチを切るとカラカラと音がする。

 

2速から3速でも同様に音がする。

それにクラッチペダルにもその振動が伝わってくる。

 

エアクリーナーとかのパイプ抜けかなと思い確認しましたがパイプは抜けてませんでした。

 

何時も車の整備をして下さっている皆人屋モータース(有)の加藤博之代表に電話して症状を伝えました。

 

丁度自分の自宅の近所に居たらしく、直ぐに寄って頂きました。

 

加藤博之代表に試運転して頂き音が出るのと振動を確認頂きました。

 

保険でレンタカーサービスとレッカーサービスに加入していたので代車も借りれました。

 

ジャパンレンタカーさんよりタントカスタムをお借りしました。

 

運転席に座ると第一印象はすごく視界が良い車だと感じました。

 

運転した感覚ではハンドルが軽いのと遊びが少し大きい。

バックカメラのみでバックしようとすると魚眼レンズのせいか、距離感が全く掴めず分かりにくいと思いました。

 

自分はアイドリングストップはあまり好きでは有りませんが、新型というのもあってアイドリングストップから復帰するときに違和感は有りませんでした。

 

タントカスタムも十分有りな車だと思いました。

 

修理が本日からだと思いますので、直ってくる事を期待して代車にて出勤しました。

 

 

PCの管理者権限が無くなった時の対処

お客様よりPCの管理者権限が無くなってソフトやソフトのアップデートが出来ないと連絡が有りました。

 

最初、ソフトのアップデートが出来ないので見て欲しいと言われました。

 

まず疑ったのは無線LANがパブリックネットワークに成ってないかでした。

パブリックネットワークをプライベートネットワークに変更して下さいと伝えましたら、プライベートネットワークのラジオボタンに変更出来ない状態でした。

 

そこで、コントロールパネルのユーザーアカウントの写真をLINEで送って貰いました。

 

どうやらマイクロソフトアカウントでログインしている状態でした。

 

原因を切り離すためにマイクロソフトアカウントをローカルアカウントに変更して貰いました。

 

スタートメニュー→設定(PC設定)→アカウントより変更して再起動して貰いましたが、コントロールパネルのユーザーアカウントで一番下の管理者権限が空白の状態でした。

 

セーフモードでアドミニストレーターでログインして貰いユーザーに管理者権限を与える事も考えましたが、持込でデーターをバックアップしてクリーンインストールする事にしました。

 

持ち込まれたPCを起動して、データーをバックアップしました。

 

その後Windows10の最新バージョンのDVDをPCが立ち上がった状態で実行しようとしましたら、管理者権限が無いので出来ませんでした。

 

そこでShiftキーを押しながらPCを再起動してトラブルシューティングよりPCの初期化でデータを全て消して再インストールを選びました。

 

もう一つの選択肢はWindows10の最新バージョンDVDからクリーンインストールでも良かったのですが、ドライバを探すのに時間が掛かるかもと思い上記の方法にしました。

 

無事に上記の方法でもログイン名を付ける画面も出て名前もお客様の要望の名前でインストール出来ました。

 

データーを戻しても2時間位で終了する事が出来ました。

 

無事に直ってお客様も満足しておりました。

 

持ち帰って、マイクロソフトアカウントと紐付けする前に無線LANの状態がパブリックネットワークかプライベートネットワークなのかを見て、プライベートネットワークにして下さいとお願いして作業終了でした。