ジンワン パソコンの製造販売 修理 サポート 愛知県豊橋市 ブログ

『コンピュータを無駄なく使おう』をモットーに、私たちジンワンはショップブランドパソコンをお求めやすい価格で製造販売しています。法人向けパソコンを始め個人のパソコンでもお客様のニーズに合わせ作成させて頂いております。パソコンの初期設定や会社設立したけど、パソコンの導入やネットワークの構築に不安を持たれているお客様のお力に成れたら幸いです。

PCの管理者権限が無くなった時の対処

お客様よりPCの管理者権限が無くなってソフトやソフトのアップデートが出来ないと連絡が有りました。

 

最初、ソフトのアップデートが出来ないので見て欲しいと言われました。

 

まず疑ったのは無線LANがパブリックネットワークに成ってないかでした。

パブリックネットワークをプライベートネットワークに変更して下さいと伝えましたら、プライベートネットワークのラジオボタンに変更出来ない状態でした。

 

そこで、コントロールパネルのユーザーアカウントの写真をLINEで送って貰いました。

 

どうやらマイクロソフトアカウントでログインしている状態でした。

 

原因を切り離すためにマイクロソフトアカウントをローカルアカウントに変更して貰いました。

 

スタートメニュー→設定(PC設定)→アカウントより変更して再起動して貰いましたが、コントロールパネルのユーザーアカウントで一番下の管理者権限が空白の状態でした。

 

セーフモードでアドミニストレーターでログインして貰いユーザーに管理者権限を与える事も考えましたが、持込でデーターをバックアップしてクリーンインストールする事にしました。

 

持ち込まれたPCを起動して、データーをバックアップしました。

 

その後Windows10の最新バージョンのDVDをPCが立ち上がった状態で実行しようとしましたら、管理者権限が無いので出来ませんでした。

 

そこでShiftキーを押しながらPCを再起動してトラブルシューティングよりPCの初期化でデータを全て消して再インストールを選びました。

 

もう一つの選択肢はWindows10の最新バージョンDVDからクリーンインストールでも良かったのですが、ドライバを探すのに時間が掛かるかもと思い上記の方法にしました。

 

無事に上記の方法でもログイン名を付ける画面も出て名前もお客様の要望の名前でインストール出来ました。

 

データーを戻しても2時間位で終了する事が出来ました。

 

無事に直ってお客様も満足しておりました。

 

持ち帰って、マイクロソフトアカウントと紐付けする前に無線LANの状態がパブリックネットワークかプライベートネットワークなのかを見て、プライベートネットワークにして下さいとお願いして作業終了でした。